30歳でワーキングホリデー

30歳でワーキングホリデー

こんにちは!ゆっこです。

 

今日は、ワーキングホリデーでエドモントンに滞在した時の話をしたいと思います。

正直、私のワーキングホリデーはただの休暇(ニート生活)だったので、これからワーキングホリデーでカナダに来て何ができるのかを考えている人には、参考になりません。また、エージェントを利用したので申請手順も分からないのでご了承ください。

 

じゃあ、なぜこの記事を書くかって?

それは、私がワーホリでカナダに行った年齢に注目して欲しかったからです。

 

ワーホリって大体が大学在学中や卒業後すぐに参加しますよね?

社会人としてバリバリ働く前の楽しみ的な感じで。

私は、30歳でワーホリ申請しました。年齢制限ギリギリです。

そして、公務員として忙しい毎日を送っていました。

でも、退職してワーホリでカナダに行きました。

 

私のように、社会人だけどワーホリを考えている人がいるかもしれない!と思ったので、今日は、社会人をターゲットに話していきます。

 

 

カナダのワーキングホリデーについて

カナダのワーキングホリデー(正式名:International Experience Canada)は、以下の条件等を満たせば申請できます。

  • 18歳以上30歳以下の日本国籍を有する者(申請書受理時の年齢)
  • カナダに滞在中に有効なパスポートを持っている
  • 今までに、カナダのワーキングホリデー就労許可書の発給を受けてない(生涯に一度だけ)
  • 最低2,500カナダドル程度の資金を有している

他にもありますが詳細は、カナダCICや留学サイトなどで確認してみてください。

ワーホリの受け入れ人数や申請方法等は毎年変わることもあります。しかし、就労許可通知書をもらって、入国しワーホリビザをもらうと1年間滞在できます。

 

ワーホリを決めたら、まず考えよう

社会人が1年間ワーホリで海外に行くってなると考えなければいけないことがあります。

それは、今の仕事のこと!!!グローバル化が進んでいるこの時代。企業によっては、ワーホリも留学として考えてくれて休職扱いしてくれるかもしれません。

 

私は、当時、地方公務員として地元で働いていました。私の地元はド田舎です。だから、外国人なんてほとんど住んでいない町です。英語なんて必要ありません。だから、私の勤務先には、海外留学やワーホリのための休職制度はありませんでした。

考えますよね。公務員を辞めてまで、行く必要があるのか。

もちろん両親からは止められました。せっかく安定した職に就いているのに・・・と言われました。人事や法制担当に休職扱いできるような規定はないのかと相談してみましたが、初めてのケースだから対応していないと言われました。

結果、「退職」。

でも、後悔はありません。

 

もし、退職しか選択肢がなくて少しでも後悔しそうであれば、しっかりと考えてください。退職を選ぶと、帰国後の生活に対して不安はあります。でも、帰国後に今よりいい仕事に就くことを目標に、ワーホリを充実させればいいじゃないですか。

退職が嫌なら、休職扱いにできないか交渉してみてもいいかもしれません。それか、ワーホリを諦めるしかありません。

家族や友人、同僚が何を言っても、これはあなたの人生です。

最後は、あなた自身で決めましょう。

 

社会人はエージェントを使うほうが楽?

私の考えはYESです。

 

社会人。毎日、朝から晩まで仕事して、残業もあります。ワーホリ申請の開始時期が業務繁忙期とかぶってしまった私は、エージェントにすべて任せました。

時間をお金で買いました。社会人だからこそできます。

エージェントを使うことで、ワーホリのことを考える時間が無くなることで、心に余裕ができますよね。忙しい毎日を過ごしているなら、ぜひ甘えましょう。

 

でも、時間に余裕がある方は、ぜひご自身で申請しましょう。

これから英語だけの生活を始めるための予行練習と思って頑張ってみてください。分からなければ、ググればOK。それでも、不安ならエージェントを使えば大丈夫です。

 

 

社会人だからこそ帰国後のことを考えよう。

先ほども述べましたが、退職する場合は帰国後に職探しをしなければなりません。

そこで考えて欲しいことがあります。

「帰国後も今と同じような仕事をしますか?」

今の仕事が大好きで、ワーホリの経験が今の仕事に役立つようであれば、いいと思います。

でも、そうでなければ、ワーホリの経験を生かした仕事に就いてみてはどうですか?

または、帰国後に就きたい仕事に役立つことをワーホリの中で勉強、経験するのもいいですよね。

 

フリー素材

まとめ

どうでしたか?私は、当時、忙しい毎日を過ごしていたし、カナダに彼氏(今の旦那)がいたので、ワーキングホリデーでカナダに行きました。でも、それ以前にワーキングホリデーに参加してみたいとずっと憧れていました。だから、退職しても後悔はなかったのだと思います。

もし、あなたが社会人でワーキングホリデー参加に迷っているなら、こんな風に考えてみてください。

「今の仕事を退職する後悔とワーキングホリデーに参加しない後悔、どちらがより後悔する?」

では、後悔しないlifeを!

カナダ生活カテゴリの最新記事