【2018年カナダ国外申請】最終ランディングが終わって永住権取得しました

【2018年カナダ国外申請】最終ランディングが終わって永住権取得しました

こんにちは、ゆっこです。

久しぶりの更新です。3ヶ月ほど日本に帰っていました。

そして今回の入国時、バンクーバーのイミグレオフィスで国外申請の最終インタビューを受け永住権を取得しました。思った以上に簡単であっけなく感じました。そのときの流れをご紹介します。

 

最終ランディングについて

私は、永住権の審査が終わってCoPRをカナダで受け取った後、日本に帰国しました。別に日本に帰る必要はないです。私はただ息抜きで帰りたかっただけです(笑)

アメリカ国境が近い人は、陸路でもいいと思います。

ただ、ランディングはCoPRに記載されている期限までに再入国しなければいけないので、そこに注意して帰国や旅行の予定をたてましょう。

 

 

ランディングに必要なもの

必要なものはCoPRが送られてきた書類に書いてあったと思いますが、ご紹介します。

  • CoPR
  • パスポート
  • eTA

 

eTAは必要なの?

結論を言うとYESです。

永住権申請前に取得したeTAは使えなくなります。なので、再入国前に再度eTAの申請が必要になります。

このランディングだけのために?と思う方もいるでしょう。でも、ランディングをするまで、あなたはビジターであって永住権所持者ではありません。

CoPRはビザではないし、航空会社の方はCoPRが何かを知らない可能性が大きいです。そのため、eTAを取得してくださいと言われるでしょう。

また、CoPRと同封されていた文書にもeTAを取得するように書かれているので、ちゃんと取得しましょう。

その他に必要なものは、ありませんでした。残高証明書も念のために持っていたのですが、提示は求められませんでした。

 

 

イミグレオフィスでの流れ

私は、バンクーバーでランディングしたのでバンクーバーでの流れを説明します。

  1. KIOSKで入力、撮影をする。
  2. 皆とは別のブースに並ぶ。
  3. イミグレオフィスに行く。

1~3(特に3)について説明します。

1. KIOSKで入力、撮影をする。

日本語での操作が可能なので難しくないです。

皆と同じように並んで、順番が来ると対面式のブースに並ぶよう言われました。

 

2. 対面式のブースに並ぶ。

そこでイミグレのランディングかと聞かれ、荷物を受け取った後イミグレのオフィスに行くよう指示されました。

 

3. イミグレオフィスに行く。

入室前の職員に書類を見せると、入って左と言われたのですが誰もいなかったので、就労ビザ等の担当ブースにいる職員に尋ねると「自分がするからこっちに来て」と言われて他の人たちより先にインタビューができました。(笑)

職員からの質問は現在のステータスや犯罪歴などだけで、難しいことは聞かれず安心しました。質問のあとCoPRにサインをして写真が貼っていない方を渡されました。そして職員からはこう言われました。

カードが届くまでどのくらいかかるか僕にはわからない。2~4ヶ月くらいかかるかもしれない。それまでこのCoPRはとても重要な書類になるからなくさないように。その書類でSINや健康保険証が取得できるようになるよ。

 

PRカードが届く前の国外旅行について

イミグレの職員にPRカードが届く前に国外旅行ができるかどうか質問してみました。

職員の回答はこちら

CoPRがあれば問題ない。もう君は永住権を取得しているし、その情報はデータ管理されている。だからCoPRを入国のときに提示すれば、職員がデータを確認して簡単な質問をするだけだよ。

問題ないとのことですが、それはカナダ入国時の話です。先に話したとおり航空会社のかたはCoPRがあれば大丈夫なんて知りません。また、入国時のオフィサー次第ということもあります。そのため、搭乗・入国できない可能性もあるので国外旅行する方は自己責任でお願いします。

 

現在、新規PRカードの発行はとても早いみたいです。私のPRカードは3週間で届きました。なので、それまで待ってもいいと思いますよ。

それでも、早く旅行の計画を立てたい場合は、CICのサイトでプロセスタイムを確認してください。

 

 

その他の注意点

特にないのですが…最近、日本も顔認証ゲートを導入し始めましたよね。そのため、出入国スタンプを基本的には押さなくなりました。

出入国の証明が必要な方は、ゲートを出てすぐに職員がいるブースでスタンプをもらいましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

私が感じたことですが、永住権の審査はすでに終わっているのでイミグレオフィスでは最終確認です。なので、緊張せずにランディングしましょう。

国際恋愛・結婚カテゴリの最新記事